院内・設備紹介

tel.044-201-1363

院内設備

待合スペース

受付・待合スペースは広く、落ち着いた雰囲気で、リラックスしてお待ち頂けるように環境を整えてあります。

受付

エントランス正面が受付です。開放的な受付で、スタッフが笑顔でお迎えいたします。

犬診察室

犬の診察室です。小型犬〜大型犬までこちらで診察します。レントゲンや超音波検査結果はこちらの診察室で説明致します。

猫診察室

猫の診察室です。犬と猫の診察室を分けることで、猫のストレスを減らすように心がけています。

処置室

全ての部屋の中心にあり、スムーズに検査・治療にあたれます。検査・処置室は広く、歩行検査などもできます。歯科処置や手術前の毛刈り・準備などを行います。

検査ブース

各種検査機器があり、血液検査、尿検査、糞便検査、細胞検査などを行います。

エコー室

高性能超音波診断装置を設置しています。検査結果は院内LAN経由にて、診察室のモニターでも閲覧することが可能です。

レントゲン室

DRシステムのX線画像検査室です。手術室・処置室との動線も良く、麻酔下や状態の悪い犬猫も、安全に検査ができます。

手術室

広い手術室は常にクリーンな状態です。去勢・避妊手術から整形・神経外科手術まで、様々な手術を行います。

犬入院室

犬専用の入院室です。検査・処置室から、常に様子をチェックできます。ICU設備もあります。

猫入院室

猫専用の入院室です。猫へのストレスがかからず、なおかつ検査・処置室から、常に様子をチェックできるように、配慮した設計になっています。

薬局調剤スペース

注射薬、内服薬、外用薬などを調剤処方します。

衛生・検査・手術・治療機器

  • レントゲン装置(REAL-VX)

    直接変換方式のDR(デジタルレントゲン)システムです。これまでのCRシステムや他社の間接変換方式DRとは違い、画像データ量に優れ、高画質・高精細で犬猫のより小さな体内の変化を映し出すことのできる、非常に高性能のレントゲン検査装置です。スピーディーな撮影でさらに犬猫への負担が少なくなりました。

  • エコー装置(LOGIQ S7 Expert)

    最新の超音波画像診断装置です。動物に負担なく、心臓や胸部/腹部の臓器を検査できます。

  • 軟性内視鏡(消化器)
    (LASEREO レザリオ)

    従来のハロゲンやキセノン光源よりも粘膜表層の微細な変化を捉えやすいと言われるレーザー光を使用した、高画質の消化器内視鏡システムを導入しております。食道・胃・十二指腸・大腸などの粘膜表層の微細血管や粘膜の凹凸・色など、微小な変化を観察するのに、より優れています。
    犬猫では誤飲事故による胃・食道内異物が多いため、異物摘出に重要な内視鏡鉗子も豊富に揃えております。

  • 硬性内視鏡(耳鼻科)
    (ビデオオトスコープ)

    フルHDの高画質内視鏡です。鼻腔内や耳道および鼓膜を詳細に評価し、洗浄処置・異物摘出・腫瘍の採材・切除などの検査・治療が可能です。難治性や再発を繰り返す外耳炎・中耳炎の症例の治療に、より効果的で低侵襲な治療が可能です。

  • 高性能電気メス(サンダービート)

    迅速な切開性能と高い封止・止血性能を持つ高性能手術機器です。患者の負担軽減に役立ちます。

  • 整形外科器具(Colibri Ⅱ)

    シンセス社製の高性能パワーツールです。整形外科手術には必須です。

  • 神経・整形外科器具(Core 2)

    Stryker社製の高性能パワーツールです。神経外科手術には欠かせない器械です。骨の掘削を行います。

  • 超音波手術器(ソノキュア)

    骨の切削、軟部組織の破砕・乳化・吸引を行う手術器具です。血管や神経などを選択的に温存できるので、肝臓外科、腫瘍外科、神経外科などで使用します。

  • 超音波骨折治療器(オステオトロンV)

    低出力パルス超音波(LPUS)による骨折治療機器です。超音波の音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進します。人医療では骨癒合期間を約40%も短縮できると報告あり。

  • 凍結療法(クールリニューアル)

    病変組織を-20℃以下に凍結し、細胞組織を破壊する治療法です。無麻酔で処置できるため、麻酔リスクがある動物や老齢動物に対して実施しています。基本的には直径10mm以下の良性の皮膚腫瘍を適応としています。

  • 手術用拡大鏡

    手術の際に使用するキーラー・アンド・ワイナー社製の4.5倍拡大鏡です。

  • 歯科用超音波スケーラー(Varios 970)

    歯科処置時に、歯に固くこびり付いた歯石を除去する器械です。

  • 歯科用マイクロモーター(VOLVERE i7)

    抜歯の際、歯槽骨を削ったり、多根歯を分割する器械です。

  • 生体モニター

    安全な麻酔を維持するために、心電図、血圧、麻酔濃度、呼吸状態などをモニターする器械です。

  • ベンチレーター

    全身麻酔の際、人工呼吸を行う器械です。

  • 麻酔器

    酸素と空気を使用し、全身麻酔の際にガス麻酔の調節を行います。

  • 手術台

    電動で昇降します。温風式保温器で手術中の低体温も防ぎます。

  • ICU

    肺炎、肺水腫などの呼吸器・循環器病の治療に使用する高濃度酸素治療器です。酸素濃度を20~60%に調整できます。

  • 全自動血球計数器(セルタックα)

    院内で迅速な血球検査を行う器械です。赤血球・白血球・血小板の数などを測定します。

  • 血液化学分析装置
    (ドライケム 4000V)

    院内で迅速な血液化学検査を行う器械です。内臓やミネラルの数値などを測定します。

  • 動物用免疫反応測定装置
    (IMUNO AU10V)

    甲状腺機能・副腎機能・肝臓機能・ネコの炎症マーカーを検査する血液検査機器です。院内検査ができることで、迅速に診断治療することが可能になりました。

  • 動物用血液凝固分析装置
    (COAG2NV)

    主に手術や細胞診検査を行う際に、血液凝固能に問題がないか(止血異常・正常に血が止まるか)を検査します。手術や検査前の安全確認、リスクを避けるために重要な血液検査機器です。

  • 顕微鏡

    耳垢検査、皮膚検査、尿検査、便検査、血液検査、細胞診断などに使用します。

  • 遠心器

    血液検査、尿液検査などの際に使用します。

  • 眼圧計(トノベットプラス)

    目の圧を検査する器械です。緑内障やぶどう膜炎の診断・治療には必須な器械です。

  • ポータブルスリットランプ(SL-17)

    眼の表面から水晶体まで検査する器械です。10~16倍に拡大して細部まで評価できます。

  • 検耳/検眼鏡

    耳の中や眼の表面と奥を検査する器械です。

  • ネブライザー(吸入器)

    気管支炎、肺炎などの治療に使用する超音波式吸入器です。

  • 吸引機

    液体の吸引を行う器械です。

  • オートクレーブ

    手術器具などを高圧蒸気滅菌する機械です。

  • ガス滅菌器

    高温に耐えれない手術器具などをガス滅菌する機械です。

ページトップへ