症例紹介

tel.044-201-1363
動物
症状
跛行
傷病
整形外科膝蓋骨脱臼症

犬 膝蓋骨内方脱臼症

膝蓋骨脱臼症は膝蓋骨(膝のお皿)が滑車溝(膝の溝)から外れてしまう病気です

無症状からスキップ様の歩行、後肢を後方に蹴ったり、伸ばしたりする癖、足を全く使わないなど、症状は様々です

膝蓋骨脱臼症は外傷により発生する場合もありますが、多くは骨と筋肉の発育のアンバランスに伴って発生します

多くは両側性の病気ですが、左右差があることも多いです

多く犬猫で脱臼方向は内方ですが、外方や内外方への脱臼も認めます

小型犬に多い病気ですが、中型犬や大型犬、猫にも認められます

大型犬や猫は比較的低いグレードでも症状が強く出ることが多いです

 

膝蓋骨脱臼症のグレード(Grade)分類

Grade Ⅰ

正常に滑車溝の中に膝蓋骨は収まっているが、膝蓋骨を手でを押すと滑車溝から脱臼し、手を離すと自然に元の位置に戻る

多くが無症状であるが、時折症状を認める

Grade Ⅱ

通常は膝蓋骨は滑車溝に収まっているが、足先が回転したとき、手で押した時などに簡単に膝蓋骨が滑車溝から脱臼する

足先が元にもどる、手を離すことで膝蓋骨は滑車溝内に自然にもどることができる

無症状から重度の跛行を認めるまで、症状の程度は様々である

Grade Ⅲ

膝蓋骨は常に滑車溝から外れているが、手で押せば膝蓋骨を滑車溝内にもどすことができる

しかし、手を離すとすぐに膝蓋骨は滑車溝から脱臼する

無症状から重度の跛行を認めるまで、症状の程度は様々である

Grade Ⅳ

膝蓋骨は常に滑車溝から外れており、手で押しても膝蓋骨を滑車溝内に収めることができない

多くは重度の跛行を認め、足を完全に挙上してしまうケースもいる

さらに重度の骨変形を合併している症例もおり、骨切り矯正手術が必要なケースもある

 

症状の程度とグレードは比較的相関がありますが、症状とグレードの重症度が相関しないことも多い病気です

 

膝蓋骨脱臼症の根本的な治療は外科手術による整復手術ですが、無症状なケースでは、保存療法で経過観察することもあります

年齢や症状、骨格状態などから、手術方法や適期を判断します

当院では症状のあるグレード2以上の症例では、手術をお勧めしております

 

膝蓋骨内方脱臼症の基本的な手術方法は以下の4つがあり、

術前に計画し、術中に判断しています

1.縫工筋・内側広筋リリース術

2.滑車ブロック造溝術

3.外側支帯縫縮術

4.脛骨粗面転位術

 

トイ・プードル 8ヶ月齢 3.5kg

1ヶ月前より左後肢の間欠的な跛行を認めた

整形外科学的検査とレントゲン検査で膝蓋骨内方脱臼症 グレードⅢ(左右)と診断した

本症例はまずは症状の強い左後肢の手術を実施しました

画像1・2:術前レントゲン、画像3・4:術後レントゲン

 

手術所見

膝蓋骨の裏(滑車溝面)に骨のびらんを認めた

この骨びらんは痛み起こし、今回の症状の原因となっている

骨びらん:膝蓋骨が脱臼を繰り返した結果、膝蓋骨の軟骨が削れた状態(緑丸)

 

滑車ブロック造溝術

浅い滑車溝(滑車溝形成不全)に膝蓋骨が十分に収まるように溝を深く形成した

 

脛骨粗面転位術


脛骨稜を骨切りし、大腿四頭筋郡−膝蓋骨−膝蓋靭帯−靭帯付着部(脛骨粗面)のアライメントを調整後(緑矢印)、骨切り部をK-wireで固定した

ページトップへ