症例紹介

tel.044-201-1363
動物
症状
破行
傷病
前肢骨折整形外科橈尺骨骨折

犬 前肢骨折(橈尺骨骨折) 骨折整復(髄内ピン法)

トイ・プードル 5ヶ月齢 オス 4.2kg

右前肢跛行を主訴に来院

手根関節の近位に重度腫脹と変位を認めました

レントゲン検査で橈尺骨の遠位の骨折と確定しました(画像1・2)

骨折の整復方法には、プレート法・髄内ピン法・創外固定法・キャスティング法などがあり、骨折の病態をみきわめて選択します

本ケースでは橈骨遠位成長板から3.8mmとかなり短く、プレート法では成長板障害の懸念がありました

骨折線が凸凹であり、髄内ピンでも比較的骨折部の安定が期待できること、5ヶ月と若齢であり、早期に骨癒合すると判断し、髄内ピン法で手術を実施しました(画像3〜4)

髄内ピン法は手術後に外固定の併用が必要です

7〜10日毎に定期的な包帯交換を行います

骨癒合はとても順調で術後6週に抜釘を行いました(画像5)

現在は関節可動域も正常に回復し、元気いっぱい走り回っています

 

前肢骨折はトイ・プードル、ポメラニアン、ミニチュア・ピンシャー、イタリアン・グレーハウンドなどのトイ犬種に多いです

高所からの落下だけでなく、ちょっとした高さから飛び降りた時に着地に失敗する、走っていて転倒したなどでも骨折してしまうことがあります

普段から環境に配慮して、骨折事故を未然に防ぐようにしてください

ページトップへ